スポンサード リンク

2007年06月07日

渋江譲二さんの藤、ドラマ砂時計のあらすじ57話前半での名場面

渋江譲二&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、渋江譲二さんが演じた藤の大人時代に焦点を合わせ、渋江譲二さんのシーンをピックアップして紹介してます。


杏を抱き締めた藤、そして杏の手が…、と、そこに「杏ちゃんおかえり」と椎香がやって来てしまいます。
離れる藤と杏、それに気が付かずに「たくさん食べて力付けなきゃ」という椎香。
「おかえり、あと頼んだぞ」とだけ椎香に言ってすぐに出て行く藤。
「お兄ちゃん、お兄ちゃんも食べていけばいいのに」「ねぇ」と杏に振る椎香。

翌日、母親に琴ヶ浜で琴姫伝説を聞いた時のことを思い出している杏、そこに電話がかかってきます。
「もしもし」と杏が出ると「俺」と藤からの電話でした。
「藤君、あのね、あたし…」と言いかけると「すぐ出てこいよ」と言う藤。
「あたしね…」と言うと「メシ食お、すぐ出てこいよ」と言う藤に「藤君、だからね、あたし…」と言いかけると待っている事を言って電話を切る藤。

やって来た杏をどこかへ連れて行く藤。
「ねえ藤君、どこ行くの?」と言った杏の前に…。
建物の中の部屋へ入って藤が言います「親父の会社の社宅」それに「うん」と答える杏に「ちょっと狭いけど、二人で住むには十分だろ?」という藤。
「えっ」と杏が言うと「落ち着いたら別の所探したらいいんだし」そう言って部屋のキーを杏に手渡す藤。
「一緒に暮らそう…遠くで見守るって事もうやめたんだ」と杏にはっきり言う藤。


渋江譲二さん演じる藤が、とうとう杏に対して積極的に行動に出る名シーンです。
部屋のキーを杏に渡す渋江譲二さん演じる藤!いい!いいシーンです。
出番の少なかった渋江譲二さんの藤の見せ所はさらに後半に続くんですよね。
大悟から電話がかかってきて…叫ぶ渋江譲二さんの藤が凄かったですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。